おもわずお料理がしたくなるそんなキッチンのある賃貸に住みたい

環境を考えて藻場再生

藻場という言葉を聞いてもピンとこない人がほとんどだと思います。

日本は周囲を海に囲まれた国ですが、その沿岸部の浅瀬にはまるで森林のように海藻が群生しています。そのような場所のことを藻場といいますが、そこでは海の生物の住処となるとともに、海の浄化にも一役買っています。

しかし、最近では海水温の上昇や水質の汚染などによって海の生物にとって大切な環境が失われつつあります。そのため漁業にも深刻な影響が現れ始めています。

日本という国ははるか昔から海からの恩恵を受けてきました。かつてのような藻場を再生するため、全国各地で徐々にではありますが藻場を再生する活動が始められています。

藻場再生に向けての活動は

藻場再生は、海の森と呼ばれる藻場を再生する為に行う活動の事を言います。地球の温暖化に伴い、海水温上昇や、埋立地開発などいろいろな理由によって藻場はどんどん減少をしています。藻場の減少は人間の生活に多大な影響を及ぼしています。

藻場が無くなると、近海での漁獲量が減少し、生活排水の浄化システムが喪失し環境問題に発展する可能性もあります。

藻場再生に向けて活動は活発化しており、放肥による栄養補給や母藻の供給による藻場の再生能力の向上、ウニなどの食害生物を駆除する活動、モニタリングなどを行い環境の整備など力を入れています。

豊かな海の恵みを取り戻すための藻場再生

島国である日本は、豊かな海の恩恵を受けて文化を発展させてきました。食文化や観光など、切り離せない密接な関係にあるといえます。しかし近年では、地球温暖化や公害などが原因で、各地で生態系に変化が見られます。

以前のように海産物が取れなくなったり、美しい景色が見られなくなったりしているのです。漁業や観光産業を主力としていた地域にとっては深刻な問題となっています。

一度起きてしまった環境破壊をもとの状態にするには、長い時間をかけて対応していくほかありません。各地域で、海藻の種を撒いたり食害から保護して藻場再生を試みたり、不法投棄物を回収して水質改善を行ったりしています。

藻場再生が必要な理由は

藻場は、沿岸地域に広がっている海藻のことで、海の森と呼ばれています。光合成を行う藻によって、環境が整い魚などの隠れ場所や産卵場所になります。しかしこの藻場が少なくなっているのが現状です。

藻場再生を行うことにより、魚の産卵場所を確保し、稚魚の成長環境を整えたり、プランクトンが増えたりといろいろなメリットがあります。

藻場再生が進むことで、光合成が活性化され、酸素濃度が上がるので、赤潮や青潮などの水害を減らす事もできます。藻場を再生させることで、水質が良くなります。

藻場再生をするにはとても長期的な計画が必要です。

関連記事