おもわずお料理がしたくなるそんなキッチンのある賃貸に住みたい

「海の森」を守るため藻場再生、磯焼け対策

藻場は別名「海の森」と呼ばれています。多くの水生生物の生活を安定させ、酸素の供給にも関係するなど海水の浄化に大きく関係しています。

しかし1978年から1998年の間に日本の藻場は約3割減少したといわれ、危機的状況と考えられています。

原因としては、埋め立てによる浅場の減少、科学物質の流入、生態系のバランスが崩れて藻場が失われる磯焼けと言われる現象などがあります。

磯焼けは漁業に深刻な打撃を与えるなど各地で問題となっており、この対策として海底にテトラポットなどを沈めるなどして人工的に藻場を作る試みが各地で行われ、藻場再生することに向けてのプロジェクトが盛んになっています。