おもわずお料理がしたくなるそんなキッチンのある賃貸に住みたい

磯焼け対策、藻場再生

現在では磯焼け対策、藻場再生を行って海の自然を取り戻す必要があります。現在では磯焼けとなり、海岸沿いでは生物が生きる事ができない環境になっている場所も少なくありません。

しかし、早めに環境を元に戻さなければ、生物が絶滅してしまえば、大変です。食物連鎖がおかしくなり、私たちの生態にも影響が出る事が予想されます。

そうなるまでに一刻も早く藻場再生を行ってしまわないといけません。これは簡単な事ではありませんが、多くの人が協力して、少しずつ積み重ねる事で、きっとできるでしょう。

海を守る藻場再生の重要性

日本人は、消費量が減ってきているといいながらも、多くの海の幸を楽しんでいます。寿司で人気のマグロは、生息数が減り、養殖を始める大学も登場しています。

秋になれば当たり前のようにサンマを食べ、冬には鍋料理にタラや鮭、フグなどの魚を入れます。魚が暮らす海を保護していかなければ、魚は減っていくばかりです。魚が食べるプランクトンのためにも、藻場再生が進められています。

海水温の上昇、護岸のコンクリート工事などによっても、海の生命は減少し続けています。これからも魚を食べ続けたいなら、消費者の姿勢も変えていかねばなりません。

海の環境を整える藻場再生事業

海の中に漂う海藻や藻には、環境を整える役割があります。現在、各海岸で海藻が少なくなってきているので、プランクトンが大量に発生することで起こる「赤潮」の原因にもなっています。

この海藻の復活を試みている藻場再生事業は、各地方自治体によって進められてきました。海岸近くに海藻がつきやすいような岩場を作ってみたり、海藻の元になる種を袋に詰めて海底に置いたりと、様々な事業内容で行ってきました。

その結果、事業開始当初から数年後には、藻場再生をして赤潮の発生を抑えられるようになりました。海の環境を整える藻場を、今後も守っていかなければなりません。

藻場再生活動に参加する

肉より魚が好きで、一日のうち一食は魚を料理して食べるという人もいるでしょう。マグロ、秋刀魚、うなぎなどの漁獲量が減少していることから分かるように、地球環境が水資源の数に大いに影響しています。

化学物質による水質汚染、地球温暖化、水位の上昇、乱獲などは、全て人間が起こした問題です。私達は魚の値段は気にしますが、一方で海水が上昇して暮らしができなくなる国があることなど、ほとんど考えていません。

まさしく、他人事です。水の恵みを頂く限りは、できることから水資源を守っていく必要があります。藻場再生、海や川の清掃、石鹸の使用など、できる活動は身近にたくさんあります。

関連記事