おもわずお料理がしたくなるそんなキッチンのある賃貸に住みたい

レンタルオフィスを契約

とにかくあまり時間がなく、急いでレンタルオフィスの契約をしたい時もあるでしょう。細かい条件にこだわるというよりは、すぐに仕事ができる場所を探しているという人もいる様ですね。

その場合には、最短でいつから利用可能なのか問い合わせてみるといいでしょう。すぐに利用できるレンタルオフィスであっても、空きがない場合には利用できない事もあります。

また、審査が求められる場合には結果が出るまでに、1週間ほどの時間がかかる事もある様ですね。内覧をしたり、必要な書類を記述し、また身分証明などを提出しないといけない事もありますのでできるだけ余裕を持って、早めに探し始める様にしましょう。

レンタルオフィスの基本情報

レンタルオフィスは、その名の通り事務所を借りるシステムです。月いくら、時間いくらという単位で借りることができ、いすや机など、業務に必要なものがあらかじめ用意されている事務所を借りる形なので、初期投資が少なく済みます。

長期でレンタルする場合には事務所登記が必要とされることがほとんどです。普通の事務所として使用する他に、大手企業が、作業場や資料管理のサテライトオフィスとして使う例もあります。都心のレンタルオフィスを借りることで、その住所を自分のものとして使用できるので、地方の会社が住所目的で借りるなど、その使い方は多岐にわたります。

レンタルオフィスと貸事務所の自由度

レンタルオフィスはランニングコストやイニシャルコストが安いために便利なのですが、デメリットもあります。その一つが自由度の低さです。

貸事務所であればオフィスレイアウトを自由に決めることができますから、必要なレイアウトで効率的に作業をする事もできるでしょう。しかしながら、レンタルオフィスはあくまでもレンタルしているだけですから、レイアウトを変更することはできません。

変更をすることができないというデメリットがあるのです。この点では自由度の高い貸事務所のほうが優れていますから、必要に応じて使い分けていくことが必要です。

独立したけどオフィスが無いまたは、貸事務所を借りる費用がない、そんな方にはレンタルオフィスがオススメです。

レンタルオフィスなので、動きがとりやすく、期間を指定して借りることもできます。レンタルオフィスを借りることで、名刺に住所も書くことができるため、お客様の安心と信頼を勝ち取るためにも便利です。

レンタルオフィスを借りる前の準備

レンタルオフィスを借りるときには、最初に情報収集を行い、自分の希望する条件に当てはまるオフィスを探しましょう。気に入ったオフィスが見つかったら、空き室があるか問い合わせをして、空き室があれば見学を申し込みます。

レンタルオフィスを見学をする際には、設備をチェックするのはもちろん、立地が不便でないかという点を確認しておくことも重要です。

また、見学をするときには可能な限り複数の会社のオフィスを見学して回り、比較検討してから最も条件に合うオフィスを借りることをおすすめします。借りたいレンタルオフィスが決まったら、申し込みの手続きを行いましょう。

関連記事