おもわずお料理がしたくなるそんなキッチンのある賃貸に住みたい

共用のレンタルオフィス

レンタルオフィスは賃貸事務所や賃貸オフィスよりも更に手軽に利用できるタイプの事務所です。
自分でオフィスに必要な家具や設備を準備する必要がなく、これらの設備はすでに用意されていることが多いため入居の契約が終わればすぐに利用することができるのが特徴です。

また、通常の貸事務所では月極となっていることがほとんどですが、レンタルオフィスでは更に短い時間での利用が可能です。

そして、共用で利用することができる会議室やお手洗いなどもあります。
共用のスペースであるため自分で掃除する必要はありません。

この様にレンタルオフィスは小さい規模の企業にとっては非常に便利な存在となってくれるでしょう。

レンタルオフィスと貸事務所の開設にかかる時間

スピーディに業務を開始できるというメリットがレンタルオフィスにはあります。通常、事務所として機能させるためには場所を確保した上でオフィス家具の設置や回線工事など様々なことが必要となります。

貸事務所を借りる場合には、これらの手配を行わなければなりませんし、それ以外にも色々な手続きを行わなければなりません。

ですから、貸事務所を借りた場合には業務開始までに時間がかかることが多いです。レンタルオフィスはすぐに使うことができるようになっている場合が多いですから、契約をすればすぐに事務所開設ができるようになっている事が多いでしょう。

レンタルオフィスの優れた利点

会社を設立するとき事務所をレンタルオフィスにすれば様々なメリットが得られます。一等地に最初から事務所を構えるのは様々な理由からハードルが高いです。ただ事務所をレンタルする場合は一等地に建っていることが多いので最初から一等地で仕事ができます。

また賃事務所は初期費用が高いですがレンタルする場合は賃料といった初期費用を安く抑えられます。元からデスクといった備品も常設されているので備品費用を大幅に抑えることもできます。更にバーチャルオフィスで起業する場合法人口座の開設は難しいです。ただレンタルオフィスの場合は簡単に口座を開設できます。

設備が整っているレンタルオフィス

レンタルオフィスというのは、オフィスに必要な机や椅子といった什器から、電話やファックス、コピー機といったOA機器までの一そろいを備えたスペースを借りるサービスです。

レンタルオフィスを利用する目的は色々ありますが、その多くに共通していえるのは、オフィスにかかる費用を安く抑えて、コアとなる事業に経営資源を集中させるといった目的があります。

例えば、起業したての会社などは、早くコア事業を立ち上げ、軌道に乗せる必要がありますから、事務所の開設にそんなに時間や費用を掛けるわけには行きませんし、また人手も不足しています。

このようなときには、レンタルオフィスを利用することが多いようです。

関連記事